-HIROTO RAKUSHO – 裕人礫翔の世界
Master of Gold and Silver Leaf Art

Category: News

RAKUSHO展(京都岩倉-実相院門跡)

実相院 秋季特別展 幕末の政変 ~実相院日記を読む~ ペリー来航から、鳥羽伏見の戦いまでの15年間を実相院日記に読み取っていく展

京都新聞に実相院展が掲載されました。Kyoto Shinbun Newspaper

10月27日発行の京都新聞にて「箔の技で月」というタイトルでご紹介いただきました。 10月27日発行の京都新聞にて「箔の技で月」

京都岩倉・実相院にて「月の記憶」展を開催Exhibition at Jissoin, kyoto, iwakura.

 偉大な先人から受け継いだ様式や意匠の数々をモチーフに、現代人の生活と共にある新たな空間デザイン、工芸美術の創造を目指して活動し

「甦る日本の至宝展」@鶴屋百貨店

鶴屋百貨店「甦る日本の至宝展」にて実演を行います。Hiroto Rakusho will make demonstration

週刊新潮 – “Shukan Shincho”, weekly magazine

綴プロジェクトでの取り組みが週刊新潮に掲載されました。 裕人礫翔のインタビュー記事も掲載されています。 Hiroto Rakus

東京都美術館 寄贈 – Donation to “Tokyo Metropolitan Art Museum”

綴プロジェクトの第5期完成作品の寄贈式が、東京・上野の東京都美術館で開催され、金箔の実演等を行いました。 Donation ce

BSフジ「番組情報 『京都・美の創造者』」放送決定

下記日程でテレビ放送が決定致しました!是非とも御覧くださいませ! 2月18日(土)14:00~14:55 BSフジ http:/

京都・美の創造者 | 関西テレビ放送 KTV

京都・美の創造者 | 関西テレビ放送 KTVの放送が決定致しました! 深夜ですが、是非とも御覧くださいませ! 番組名 『京都・美

ニューヨーク・バーグドルフ・グッドマン展示会

アメリカ・ニューヨークの最高級百貨店「バーグドルフ・グッドマン」にてゴールドリーフキョウトコレクションの展示会が開催されました。

知恵産業融合センター“目の輝き” 講演

「箔面(はくおもて)-西陣織の技術から-」と題して、GOLD LEAF KYOTO代表の裕人礫翔が講演させて頂きました。 知恵融

第二回文化とコンピューティング「アートフェア」

裕人礫翔氏(金銀箔加工技術使った製品の製造・販売)の 箔面(はくおもて)“月”と,無鉛赤楽・黒楽の展示させて頂きました。 第二回

大丸松坂屋百貨店・貴賓会に出展

2011年10月15日〜16日に開催された大丸松坂屋百貨店の貴賓会に高精細複製屏風等を出展致しました。 2011年10月15日〜

αステーションに出演

αステーションのKYOTO NATIONに出演させて頂きました。 出演の様子はこちらからαステーションのKYOTO NATION

高浜七年祭の曳山見送り幕

高浜町宮崎の佐伎治(さきち)神社の「高浜七年祭」に繰り出す曳山(ひきやま)を飾る見送り幕を京都・西陣の伝統工芸士の手で復元、新調

京都・美の継承~文化財デジタルアーカイブ展~

上海万博に出展し国内初公開となる俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」 高精細複製品をはじめとする京都の伝統美を一堂に展示いたします。最先

裕人礫翔氏が未来の名匠に認定されました

京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度とは・・・ 京都市では、1200年を超える悠久の歴史の中で脈々と受け継がれる匠の技を、未来に

博多織と裕人礫翔~月を織る~

福岡・博多織元岡野と京都・西陣の箔工芸作家裕人礫翔氏とのコラボレーションによる『月』をテーマにした展覧会「博多織と裕人礫翔~月を

Collaboration Works by Hiroro Rakusho & Ralph Rucci

The Xhange 640 West 28th Street,9th Floor New York The Xhange 64

Hiroto Rakusho and Ralph Rucci ,Each Day is a Gift, 2010,

A celebrity-studded New York audience enjoyed Hiroto Rakusho&#82

Chado Ralph Rucci  New York Collection Autumn/Winter 2010

Obi, provided by Hiroto Rakusho, is featured in Ralph Rucci&#821

About me

About me

Hiroto Rakusho

1962年、京都・西陣に生まれる。経済産業省認定・伝統工芸士。 父であり京都市伝統産業技術功労者の号を持つ西山治作に師事。箔工芸技術を学ぶ。 父から受け継いだ、伝統的な技法・技術の習得に留まらず、箔工芸で表現出来ることの幅を広げるためや貴重な技術の継承を目指して国外、 国内において積極的な活動を展開する。これまでは、「引き立て」の意匠であった箔を主役とした作品を手がけてきました。 その一環として様々なジャンルのデザイナーやアーティストとの共同制作を行 い、パリ、ニューヨーク、香港、上海、クウェートなどで活躍。 京都国立博物館、名古屋マリオットアソシアホテルなどで、文物の修復やインテリア装飾など幅広い創作活動を展開する。 2002年、独白のブランド「裕人磯翔」を設立。自身の創作活動を本格化。 同時に、文化財保存を目的として進められているデジタルアーカイブ制作事業に参画。箔工芸士の誰もが成し得なかった再現手法を独自の理論と経験をもとに完成させました。 400年に及ぶ歳月の経過を再現できるその手法は、金属箔による装飾が施された古画の複製方法として特許を取得。 貴重な文化財の保護と活用に大きく貢献しています。 2006年には、国宝「風神雷神図屏風」を高精細複製で作製し、京都の建仁寺へ奉納。南禅寺、妙心寺、相国寺、随心院、二条城、名古屋城等に収められた障壁画の複製にも注力。国内だけではなく、シアトル美術館、メトロポリタン美術館等の海外に所蔵される作品の複製プロジェクトにも協力。これら文化複製の質の高さや文化的価値が認められて「京版画」として商標登録されている。現在、裕人陳翔の功績と活躍は、日本の優れた文化や芸術の象徴として世界に 誇るものとなっている。アーティスト裕人礫翔の作品世界は、幅広いコントラストで構成され、陰と陽・静と動、光と闇の世界、そして時には鮮明に、または幽かなもの。西陣織のために完成された箔の美の枠を超えて、新しい表現を生み出し、昇華させてゆく、金と銀の織りなす世界観を織りなす。『京都西陣に生まれついた私にとって、この仕事を選択することは運命づけられていたものだと信じています。私は、金と銀  和紙と墨、洗練された品々と抑制の美の世界に生まれたのです』と裕人礫翔は語ります。「手抜きの無いこだわりの精神と、常に立ち止まることのない姿勢で、箔を極め、箔の魅力を追求していきます。」